緊急事態宣言とは別に「まん延等防止重点措置」が出される可能性がある(または「出された」)という報道がありましたが、私たちの結婚式になにか影響はあるのでしょうか?

◆緊急事態宣言下における新郎新婦のご質問に対する回答例◆

カテゴリー :その他

該当する施設:緊急事態宣言対象施設・対象外施設



Q.緊急事態宣言とは別に「まん延等防止重点措置」が出される可能性がある(または「出された」)という報道がありましたが、私たちの結婚式になにか影響はあるのでしょうか?



「お客様には影響はございません。2月3日付で成立した改正特措法により、緊急事態宣言の発出には至らない状況下であっても、知事が『まん延等防止重点措置』として飲食店等の営業時間の短縮を求めることができるようになりました。ただ、お客様の結婚式は短縮された営業時間内でのお開きの予定ですので(地域によっては「そもそも●●県は飲食店と異なり結婚式場に対して営業時間の短縮要請をしていないので」または「そもそも●●県は『まん延等防止重点措置』の対象地域ではないので」)現時点において何ら影響はありませんのでご安心ください。」



【法的側面からの解説】

2021年2月13日より施行された改正特措法により、緊急事態宣言の発出に至らない状況においても、知事が『まん延等防止重点措置』として飲食店等の営業時間の短縮を求めることができるようになりました。

 ただ、結婚式場やホテルに対しては、緊急事態宣言下であっても営業時間短縮の要請対象ではないとする自治体も多く、また仮に要請対象であったとしても短縮された営業時間を遵守していれば何も問題ないため、ブライダルビジネスに対する影響は限定的であろうと考えます。

 ただ、本稿執筆時点においてはまだ『まん延等防止重点措置』がとられた例がないため、今後どのような要請が出されるのか等については注視すべきと考えます。





タグ: