【フリーランス】厚労省 『フリーランス』との契約に提言

【注目】厚労省 『フリーランス』との契約に提言

企業との間で雇用契約は結んでいないものの、

雇用に近い働き方をする『フリーランス』の保護へ向けた

厚労省の検討が進んでいます。

令和2年1月20日付日本経済新聞の報道によれば

・契約前の就業条件の提示

・打ち切り時の理由の説明

などを企業側に課す方向で検討しているとのことです。

********************************

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54603380Q0A120C2EE8000/

********************************

働き方が多様化している中で、いわゆるサラリーマンの

ような「雇用」型ではなく、個人事業主として企業と

契約を取り交わす「フリーランス(法的には請負または

準委任が一般的)」型の働き方が広がる一方で、

立場の弱い一部のフリーランスの就業環境の悪化が

問題視されています。

ブライダル業界においても『フリーランス』として

ホテル・式場を運営する企業と契約をしサービスを

提供する人は多くいらっしゃいますので、現在厚労省で

進められているこの検討には要注目です。

EndFragment

EndFragment