BRIGHT便利コンテンツ【2020年】


with BRIGHT 顧問サービスご契約の皆様へ

必要な書類がありましたら、お気軽にBRIGHTまでご連絡ください。

info@bright-law.co.jp

2012号『【新型コロナ】「第3波」緊急事態に備える書面』

「第3波」と呼べる緊急事態を前に、以下の書面案をお作り致しました。

① 日程変更同意書案(コロナ特化版)

  ⇒ 「第3波」を受けてやむなく日程変更を受ける場合に、最低限新郎新婦にお約束をしておいてほしい

    事項について、BRIGHTが全国の事業者から相談を受けた内容を踏まえてまとめた同意書案です。

    ここに集約されたノウハウを参考に、任意に加工・修正してお使いください。

② 非常時の特則(コロナ特化版) 1)新規顧客向け 2)既存顧客向け

  ⇒ 新規または契約済みの新郎新婦に向けて、今後もしまた「緊急事態宣言」が発出された場合の

    ルールを予め規定し、合意しておくことを想定した書面案です。


2011号『「オンライン結婚式」における音楽著作権の申請について』

「オンライン結婚式」(挙式・披露宴の様子を同時配信する形態を

すべてこのように呼ぶことにします。)における音楽著作権の申請について

2010号『【新型コロナ】感染症対策専門家会議

    「新しい生活様式」についての動画解説』

https://youtu.be/HJ0Rb6WVSH0

2009号『【新型コロナ】緊急事態宣言「解除」か?「延長」か?

    シチュエーション別の書面フォーマット』

2020年5月1日現在、5月6日までの緊急事態宣言が「解除」か?「延長」か?

決まっておりません。そこでBRIGHTでは、 以下のような「場合分け」をして

各シチュエーション別のフォーマット7種を 至急まとめました。


1.緊急事態宣言が「延長」された場合

【宣言下で休館していた会場】

① 引き続き休館を継続する旨の説明

② 段階的に解禁する場合

【宣言下でも営業していた会場】

③ 衛生管理を徹底して営業する方針説明

2、緊急事態宣言が「解除」された場合

【宣言下で休館していた会場】

④ 宣言解除を受けて完全解禁する場合

⑤ 宣言解除を受けて段階的に解禁する場合

⑥ 宣言解除を受けるも休館を延長する場合

【宣言下でも営業していた会場】

⑦ 衛生管理を徹底して営業する方針説明

2008号『【新型コロナ】よくあるQ&A』

よくあるQ&A3点の【業界の方向け】に限定公開する動画を作成しました。 https://youtu.be/AFJ4n_5RpEg

『パートナー向け「緊急事態宣言 文書フォーマット集」』 ⅰ)会場と緊急事態宣言下の取り扱いについて取り決める合意書案

ⅱ)契約済みの新郎新婦への案内文案

ⅲ)今後ご契約予定の新郎新婦への案内文案

ⅳ)外注パートナーとの緊急事態宣言下の取り扱いについて取り決める合意書案

ⅴ)自社スタッフに感染者が出た場合における取引先への案内文案

※パートナー向けよくあるQ&A集

2007号『【新型コロナ】7都府県の「要請」内容一覧』

(あくまでも4月8日現在の内容です。)

総理大臣より「緊急事態宣言」が出されたことを受けて、対象となった7都府県が

それぞれ住民に対しての「要請」を出しました。

しかし、よくよく見てみると、「要請」の内容にかなりばらつきが生じています。

そこで、各ホームページに書かれた「要請」を一覧にしましたのでご参考になさってください。

また、「結婚式はできるのか?」「施設に通勤することはできるのか?」という点に焦点を

絞った資料も作りましたのであわせてご参考になさってください。

2006号『【新型コロナ】スタッフが感染した場合の書面フォーマット』

万が一に備え以下のような書面フォーマットを作成しましたので

(使う場面がないことを祈るばかりですが)参考までにご確認ください。

なお、あくまでフォーマットですので、各社のご都合にあわせて所要の修正をお願いします。

(1)-1 ニュースリリース【婚礼施設等のスタッフに感染者が出た場合】

婚礼施設のスタッフに感染者が出た場合には、消毒や濃厚接触者の自宅待機等で一定期間の閉館を余儀なくされる可能性があります。そうした事態が生じた場合の世間向けのニュースリリース案です。

(1)-2 ニュースリリース【婚礼施設以外のスタッフに感染者が出た場合】

本社オフィスのスタッフに感染者が出た場合には、婚礼施設の閉鎖などは不要だとしても、情報を開示するという対応を採る会社が多いようです。そうした場合を想定したニュースリリース案です。

(2)-1 新郎新婦向け書面【施行予定の施設のスタッフに感染者が出た場合(閉鎖期間該当)】

婚礼施設のスタッフから感染者が出て一定期間閉館することになり、予定されていた結婚式が開催できない場合の新郎新婦向け書面です。代替案として①他会場への移動、②日程変更を提案する案文となっています。

(2)-2 新郎新婦向け書面【施行予定の施設のスタッフに感染者が出た場合(閉鎖期間外)】

婚礼施設のスタッフから感染者が出て一定期間閉館することになるも、予定されていた結婚式は期間対象外で開催は可能な場合の新郎新婦向け書面です。案としては特に日程変更など提案はしていない内容ですが、各社の判断で追加することも考えられます。

(2)-3 新郎新婦向け書面【施行予定の施設以外のスタッフに感染者が出た場合】

使用する施設外のスタッフから感染者が出た場合の新郎新婦向け書面です。必ずしも通知する必要はないかもしれませんが、非常に神経質になっている中「隠していた」という点を後から批判されることも予想されるので、文案としてご用意しました。

2005号『「非常時の特則」フォーマット』BRIGHT案

下記の「解説書」をご確認いただきつつ、必要に応じてご利用ください。

なお、書面の内容についてはBRIGHTから強制をする意図は一切ありません。

今回お送りしたフォーマットはあくまで「たたき台」であり、

これをベースに各社にてアレンジしてご活用ください。

1.解説書 ※最初に必ずこちらをご覧ください。 2.婚礼約款(規約)に追加する特則条項に関する書面案 非常時の特則A:   契約済みのお客様に向けた非常時全般を対象とした特則 非常時の特則B:   契約済みのお客様に向けた新型コロナのみを対象とした特則 非常時の特則C&D: 規約・約款の別紙として使用する特則 非常時の特則E:   自然災害条項は規約・約款で定め感染症流行のみ別紙として使用する特則 3.新型コロナウィルスの感染拡大に伴う顧客向け通知文案 緊急事態宣言書面①: 自社施設を対象に知事から使用停止の要請がなされた場合 緊急事態宣言書面②: 自社施設所在エリアを対象に知事から外出自粛の要請がなされた場合 緊急事態宣言書面③: 自社施設に使用停止、所在エリアに外出自粛のダブル要請がなされた場合 緊急事態宣言書面④: 緊急事態宣言の対象外であったがもし対象となった場合を想定したもの 緊急事態宣言書面⑤: 緊急事態宣言が出される前のご案内書面

2004号『新型コロナ【業界アンケート最終結果】』

2003号『新型コロナ・顧客向けご案内文』

第1案「日程変更と解約の特別措置」 第2案「日程変更の特別措置」

2002号『災害対策規程』案

    『新春ブライダル法務セミナー2020』の動画

https://youtu.be/VeH9g5hkd1Y

2001号『ブライダル法務チェックリスト2020』