オンライン結婚式生配信に潜む危険性は?


結婚式の様子を生配信するに際しては、結婚式で流されるBGMを巡る音楽著作権の問題に注意が必要です。

BGMで使用された楽曲を配信するには、「公衆送信権」「送信可能化権」という2つの権利について、権利者に許諾を得なければなりません。

具体的な窓口は以下の通りです。

◆公衆送信権 → 主にJASRACかNexToneにて管理されているので、楽曲ごとに確認して許諾を得る必要があります。

◆送信可能化権→ 日本レコード協会が窓口になっています。

同協会で扱っていない楽曲については直接レコード会社から許諾を得る必要があります。

なお、すでに著作権が消滅しているクラシック曲等を生演奏で披露するような場合には、これらの手続きは不要となります。楽曲ごとに許諾の要否、そして誰に許諾を得るのかを調べないといけないというのが注意事項です。