Q.「延期後にキャンセル」の場合の、日数計算の算定基準はどうすべきでしょうか?

コロナ禍となり、日程を1度以上延期したり、延期後にキャンセルとなるケースが増えています。

BIAのモデル約款などにおいてもそこまで詳細なルールの規定はないのですが、

日程変更が相次ぐ中で、各社この点についてのルールを設定するケースが増えてきました。


結婚式の日程を一旦延期後に、あいにくキャンセルとなった場合、

「キャンセル申告日から結婚式予定日までの日数計算の算定基準」はどのようにすべきなのか、

回答させていただきます。


A.例えば、1度延期になりその後キャンセルとなった場合、


 ①当初の「日程延期申告日」から、「最初にご契約した施行日」までの日数

 ②延期後の「キャンセル申告日」から、「延期後の施行日」までの日数


という2パターンの日数が存在します。

(※2度延期となった場合は、3パターン日数が存在)


この時、

 1.直近のお申し出に該当する「期間」

 2.①と②を比較して「より短い期間」


を算定基準とするケースが考えられます。

事業者としては、2.「より短い期間」の方を採用したほうが

キャンセルによるダメージの大きさと、キャンセル料がマッチすることが考えられます。


この点について、規約に特に記載がない場合は、新郎新婦とトラブルのもとになりますので、

キャンセルの場合の日数計算の算定基準のルールを規約に明記しておくことをおすすめします。