top of page

Q.司会者が当日遅刻してしまい、開演が5分遅れてしまった場合には司会料全額を返金すべきでしょうか?

A.遅刻はあり得ない失態ではありますが、法的な考えに基づく賠償額はあくまで「具体的に発生した損害の賠償」がベースとなります。


一般的に5分の遅延が生じたことの損害額の算定は困難ですので、現実的には司会代の一部減額で折り合いをつけるケースが多いです。なおいくら遅刻があったとしても、婚礼司会サービス自体を提供できていたのであれば、よく耳にする「全額返金」は法的には「やりすぎ」だと考えます。




bottom of page