< Back
​更新日:
2022年1月31日

経済産業省・中小企業庁
事業復活支援金

中小法人・個人事業主

申請期間:2022年1月31日〜5月31日まで
BRIGHT申請代行サポート:
有り

こんな人におすすめ!

コロナの影響により昨年より売上高が減少している事業者様

この支援金は、新型コロナウイルスの感染拡大や長期化によって、一定の売上高の減少が認められれば、業種や地域に関係なく受給することができるものです。フリーランスや会社に関わらず、ブライダル関連事業者が広く対象となる可能性がある制度で、支給金額は事業の形態や売上高の規模により決まりますが、フリーランスの方で最大50万円、会社の場合は最大100~250万円が支給されます。支援金ですので返済の必要はなく、事業活動における使用目的も自由です。

BRIGHTでは、昨年の「一時支援金」、「月次支援金」に続き、この「事業復活支援金」の申請代行サービスを開始致します。
この「事業復活支援金」を申請するためには、

(1)売上高の減少が新型コロナウイルスの影響によるものなのか
(2)上限金額を受給するために、昨年11月から本年3月の内のどの月を売上高減少の基準月とするか
(3)月次支援金や自治体からの協力金などは売上高に加えるのか

など、事前にしっかりと検討するべきことも多いです。

BRIGHTでは、一昨年の「持続化給付金」以降、国や都道府県の様々な支援金・補助金への申請サポートを通じて多くのノウハウを持っておりますので、この「事業復活支援金」への申請につきましても安心してお任せ下さい。BRIGHT自身も「事前確認機関」としても登録されておりますので、今までに「一時支援金」、「月次支援金」の申請を行ったことがなく、「事業復活支援金」から初めて申請を検討する事業者様のご相談も承ります。

申請代行サービスの料金や詳しい内容につきましては、下記URLのお申込みフォームの内容をご覧ください。

【「事業復活支援金」申請代行サービス ※初めてのお客様】
https://forms.gle/Kq8ht3g52AHTNVvh7
【「事業復活支援金」申請代行サービス ※すでにBRIGHTに「一時支援金」「月次支援金」をご依頼のお客様】
https://forms.gle/JpR8XKh81PiyB2Gt9

年明け以降のオミクロン株による感染加速のなか、まだまだ先行き不透明な事業環境でございますが、「事業復活支援金」はそのような環境下の事業活動の一助になる制度でございます。国としても積極的な活用をアナウンスしておりますので、是非利用の検討をお勧め致します。

初めてご依頼いただく方と、すでにBRIGHTにて「一時支援金」または「月次支援金」の申請代行サービスをご依頼いただく方にてフォームが異なっております。ご確認ください。