BRIGHT NEWS vol.95 今だからこそ狙える『補助金』のご案内

【この記事は2021年11月24日現在のものです】


*************************************************************

【目次】 TOPICS 今からでも狙える『補助金』のご案内 *************************************************************

政府の新たな経済対策として「事業復活支援金」の実施が発表されましたが、これ以外にも国や自治体では様々な事業者支援策が行われています。今回は、年末から来年の初頭にかけてチャレンジすることができる2つの制度をご紹介致します。 ■小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>(日本商工会議所) 業種や地域を問わず全国の中小企業や個人事業主の方がチャレンジできる制度です。 ポストコロナを見据えて、感染拡大防止のために対人接触機会の減少を実現しつつ、事業の継続を図るための新たなビジネスやサービスに関する取組みを行い、この取組みについて必要となった経費に対して補助金が支給されるというものです。取組みの具体例として、以下のような内容が補助金事務局から公表されています。 例/美容・エステ:  ・2人1部屋だった施術室を1人1部屋に  ・オンラインカウンセリングで対人接触機会を減らしつつ販路開拓 例/旅館・ホテル:  ・セルフチェックイン機・自動精算機・混雑状況確認表示の導入  ・宴会場の席間隔を拡げパーテーションを設置、高機能換気設備に切り替え 取組みのポイントは、(1)「対人接触機会の減少」を実現しつつ、売上を伸ばしたり集客を増やしたりすることが見込まれる(2)「新たなビジネスやサービス」と言えるか、というものです。 申請に当たっては、この新たなビジネスやサービスについての、詳細で具体的な事業計画の作成が必要となり、この事業計画の内容・具体性によって審査・採択が行われます。

補助上限額 100万円 補助率 補助対象経費の4分の3 補助対象経費 :機械装置等費、広報費、開発費、借料、委託費、外注費など ※目的外使用になり得る汎用性が高いもの(例:パソコン、タブレットPC及び周辺機器)の購入費用は対象外となります。 公募期間 第5回:2022年 1月12日(水)まで     【ご注意を!!年明け間もなく申請期限です】      第6回:2022年 3月 9日(水)まで 【小規模事業者持続化補助金 <低感染リスク型ビジネス枠> 公式ウェブサイト】 https://www.jizokuka-post-corona.jp/ ■東京都中小企業等による感染症対策助成事業(東京都中小企業振興公社) 都内の中小企業や個人事業主の方を対象として、店舗や事業所内における感染症対策のための「商品の購入費用」や「設置工事費用」を助成する制度です。なお、都内に営業所があれば、法人の本店所在地や個人事業主の方のお住まいが都外であっても支給対象となる場合があります。 この制度は、様々な業種の感染症対策のためのガイドラインを守ることが目的なのですが、「換気」や「対人距離の確保」、「飛沫感染防止」など東京都が定めている取組の場合は、各ガイドラインの内容に関わらず申請を行うことが可能でございます。 近いタイミングで感染症対策のための物品の購入や、工事をご検討でしたら、是非、この制度の利用もお勧め致します。 助成限度額 〇備品購入費のみ 50万円 〇内装・設備工事費を含む場合は100万円 〇内装・設備工事費のうち、換気設備の設置を含む場合は200万円 ※申請下限額10万円(対象経費の合計は税抜15万円以上が必要となります)

助成率 助成対象の経費の3分の2以内 助成対象期間 令和4年3月31日(木)まで 申請受付期間 令和3年12月31日(金)まで(郵送)当日消印有効 【ご注意を!!今年中の申請手続きが必要です】 【中小企業等による感染症対策助成事業  公式ウェブサイト】 https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/kansentaisaku.html BRIGHTでは、上記の「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」、「東京都中小企業等による感染症対策助成事業」ともに申請手続きのサポートを行っております。 申請をご検討で、お手続きのサポートをご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください(初回ご相談料は無料です)。 お問い合わせ先 TEL 03-6453-9652

   080-4943-2274 Mail info@bright-law.co.jp また、「小規模事業者持続化補助金~」については、上記のように事前に詳細な事業計画の作成が必要となります関係で、第5回分の申請代行サービスを承ることができますのは、本メルマガ送信時点で残り2件までとさせていただきます。申請をご検討される場合は、是非、お早めにお問い合わせいただければと思います。 ***************************** 「BRIGHT NEWS vol.95」はいかがでしたでしょうか? ポストコロナでの「反転攻勢」へ向けて、今後ともBRIGHTスタッフ一同、全国で奮闘するブライダル事業者様に向けて有益な情報を全力発信してまいります。 引き続きご愛読のほどどうぞよろしくお願い申し上げます!