top of page

Q.【キャンセル料の水準】フォトウェディングのキャンセル料は一般的にどのような水準でしょうか?

A.フォトウェディングにおけるキャンセル料の水準について 業界団体等による基準が示されている例は存じ上げません。 法律上は消費者契約法上の規制に配慮する必要が生じまして、 「平均的な損害の額」より低い設定にする必要がありますし、 また水準について問われたときには一定程度説明するべき 努力義務も課せられています。 キャンセル料の水準を決めるにあたっての考え方としては、

・平均して撮影日の何日前に契約がされるのか ・何日前を超えると新規の契約は難しいのか ・いつどのような負担が貴社に発生してくるのか

を「感覚」ではなく「具体的なデータ」をもって確認して、 その日付で%を変更させていくと説得力が増すと思いますし、 『時系列のキャンセル料』でそのような説明が難しいのであれば、 『どこまでサービスが履行済みかに基づくキャンセル料』に 切り替えることも考えられます。 ポイントは「水準の根拠を説得的に説明できるか否か」です。




Commentaires


bottom of page