top of page

『フリーランス保護新法』に関する「フリーランスの定義について」詳しく教えてください。

Q1.この法律で保護される「フリーランス」とはどのような定義ですか?


A.同法案の第2条第1項では、

1. 従業員を使用していない個人

2. 社長の他に役員や従業員のいない法人

が「特定受託事業者」と定義されています。ポイントは、法人化はしていても1名で仕事をしている、いわゆる「一人社長」も保護の対象となる予定です。この点、一般的な「フリーランス」のイメージとは異なるので注意が必要です。


Q2.この「1名で仕事をしている:一人社長」についてですが、フリーランスを複数抱えている場合でも、

直接雇用している従業員がいない場合は、フリーランスに該当しますか?

A.該当します。

「従業員を使用していない」なら対象となりますので、

「フリーランスに外注している」のは「従業員を使用している」とは言えないので

フリーランスに該当します。





Comentários


bottom of page