『披露宴での酒類提供』を巡る緊急アンケートの結果

【この記事は2021年6月23日現在のものです】



緊急事態宣言が(沖縄県を除き)6月21日から解除されましたが、

まん延防止等重点措置に移行した東京都や大阪府等では、

飲食店や結婚式場に対し、引き続き「原則として酒類提供停止」の

要請が出される一方で、「同一グループで4名(または2名)以内」であれば

他の諸条件を満たすことを条件に「例外的に酒類提供を認める」方針が示されています。


この「同一グループで何名以下」という規定について、

「披露宴においては『同一テーブルでの人数』を指す」という国の解釈が示されている

との情報もありますが、特に人数が「2名」と指定されたエリアでは

「テーブルを2名ごとに区分するのは非現実的」との声も出ており、混乱が見られています。


そこでBRIGHTでは、全国各会場における現時点での対応方針について

緊急アンケートを実施いたしました。

『披露宴での酒類提供』を巡る緊急アンケートの結果を集約いたしました。 下記よりご確認ください。ご協力ありがとうございました。

https://www.bright-law.co.jp/download/20210621-23anke-to_komon.pdf