Q.プランナーが新型コロナの「濃厚接触者」になった場合、お客様に事実をどう伝えるべきでしょうか?

A.まず、「濃厚接触者」となった事実は新型コロナに罹患したことを意味するものではないものの、 どんな病気になったかという情報は非常にデリケートで、プライベートな性質のものであると考えます。 そのため、新型コロナに限らずプランナーが何らかの病気になった際に、 他のスタッフから新郎新婦に対して「急病のため」「病気のため」スタッフが変わる等の説明をするぐらいは 問題ありませんが、その際に「●●病で」とか、「医者から●●と言われていて」などと 細部についてまで説明すると、プランナーのプライバシー保護等の観点から問題が生じかねません。 これと同じ考え方から、プランナーが「濃厚接触となった」事実を本人の同意なくお客様に伝えることは 慎重であるべきと考えます。 一方で、プランナーご本人に「濃厚接触者となった事実とともにお客様に伝えてよいか?」と確認し、 同意を得ていれば問題ありません。 今の状況的に「濃厚接触認定されてしまった」という理由であれば、プランナーが変更となっても お客様のご理解を得やすいと考えますので、プランナーご本人に同意を得た上で、事実をお伝えし、 ご理解を求めるのがよいかと思います。